忍者ブログ
まあ、なんだ日ごろの愚痴しか述べんよ。あと、世界征服について・・・


忍者ブログ [PR]

material by whim+

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/11 阿部]
[11/12 阿部]
[09/15 マスター]
[09/12 るみな]
[09/11 NA0]
カウンター
プロフィール
HN:
魔王マスターベガ
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/02
職業:
最強!!!
趣味:
快楽への傍観者
ブログ内検索
アクセス解析
最新トラックバック
バーコード
[198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やべぇ・・・

どうも僕です。


正直、どうしていいかわかりません。

数週間前。同期にこんなこと言われました。




同期:「なんで、彼女作らないの?」

ベガ:「うーん。めんどいからかねぇ」

同期:「入社したときに、俺に女の子いたら探しておいてよ。
    って言ったの覚えてる?」

ベガ:「いきなり、なんなんだ?まあ、いったような言わないような」

同期:「紹介してほしいっていう女がいるんだよね。」

ベガ:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
心:何いってんここいつ、俺が紹介される馬鹿な・・・

同期:「いきなり、黙られるとちょっと、怖いんですけどw」

ベガ:「うん。女性って苦手だからな・・・」

同期:「まあ、いいや。来週、飲み会だから~空けといて
    じゃあ、お先~」

ベガ:「ちょ・・・おま。。。。。」
心:いきなりなんなんだあいつわ。。。。。。。
  いや、動揺するよね?普通。
  それも俺の参加のうむ聞かないのかよ。
  


とまあ、そんな会話がありまして。

その飲み会に強制参加されられることになってしまったんですよ。



飲み会でのお話。
飲み会は3対3で行われた。
いわゆる合コンってやつですかね。
テレビで見るのとはちょっと違い、まあ、仲良くだんらんって感じです。
結局、俺に紹介するために行われたらしい。。。



ベガ:「えーはじめまして。」

紹介女性:「こんばんわ~」

ベガ:「あっ。こんばんわです」

紹介女性:「私って、年上に見えます?」

ベガ:「えっ?なんでですか?」

紹介女性:「だって、敬語なんですもん」

ベガ:「あ、それはいつものことで誰にでも敬語使ってしまうんですよ」

紹介女性:「ふふw結構律儀なんですねw」

ベガ:「いや、これは。そうゆういみでわなくてですね・・・」
心:まさしく動揺、もてあそばれる?そんなの知らんよ。
  それ以上にテンパルから!!!いやーぷいにゅの気持ちがわかるかも



とまあ、そんなこんなで、時間は過ぎてゆく。

とりあえず、ブレイク。

声質   おk
スタイル いうことなし(別にあからさまに太っていなければおkです)
顔     え?なんで俺?というか俺でいいのというぐらいきれいです。


そして、またお酒が入り私は変化してゆく・・・




変態変身!






キャバマスター!!!






みたいなww


キャバマス:「やっぱり、年齢=彼女なし=童貞って引くよね」

紹介女性:「そうですか~私は別にそうでもないですけど。」

キャバマス:「マジですか?私そうですけど」


紹介女性:「・・・。」

キャバマス:「やっぱり、引くよね。まあ、いいんだ慣れてるし。」

紹介女性:「誰でも最初はあるよ。どんなに仕事できる人でも、かっこいい人でも
       最初はあるんだから、気にしないの。」


キャバマス:「マジで、泣きそうなんですけど」

紹介女性:「みんな生きる環境って違うわけだし、それが早いか遅いかの違い
       だよ。そんなの、気にしてても何にも特にならないよ。」

このとき私は
キャバマスからマスターへ降格した。。。

心:世の中にはわかってる女性っているんだなぁ。俺は勘違いしてたのか。
   誰もがその人を否定するわけでわなくて。
   誰かはわかってくれる人がいるのか・・・とね。



とまあ、そんなこんなで飲み会は終了のときが・・・

心:正直、あの女性はかわいいしいうことがないな。
  どうやって連絡先聞けばいい?

と心の葛藤が始まる。
結局、今までは聞けなかった。それはどこかしらで妥協ができなかったからだ。

言うなれば、ポケモンの固体値がスピード重視なのに
すばやさの固体値が30でそれ以外が31であるということ

まあ、この例えはるみな氏しかわからんとは思うがねw


結局、今度ご飯でも食べに行きませんか?

が言えないのである。


でも、場の雰囲気が・・・

飲まれそうな雰囲気で。胸が苦しくて、俺死にそうで

こんな気持ちになるぐらいなら・・・


初めて生きててよかったなと思うよ。




そんななか勢いは突然に来る。



同期:「今度、飯食いにでもいかね?」
知らない女性:「いいよー。」

心:へ???そんなもんかい???
  今まで悩んでた俺はどうなるんだ。。。。


紹介女性:「やっぱり、律儀なんですねw」

マスター:「いやーあのー・・・」
心:自信もて俺。


マスター:「今度。ご飯でもどうですか???」

紹介女性:「ふふwいいですよ。でも、条件があります。」


心:えええええええええええ!!!!!!!!
  なんだよ条件って????
  そもそも、いいってことはおkってことだろ???
  というか連絡先教えてもらえるのか。。。。


マスター:「ななななんです。。条件って?」

紹介女性:「ご飯おいしいところにしてくださいねwww」

マスター:「はい!!!絶対ずっと調べます。いや、ずっと
      じゃなくて、定期的にとう意味です。」

紹介女性:「わかっていますよwww。」

マスター:「連絡先教えてください!!!」

紹介女性:「あ、はいw」





ということになりまして。

みなさん、どうすればいいですかねw

まあ、これからだな。うん。

でも、俺は隠すことはできないからすべて言ってしまうだろう。





俺のすべてを・・・





それでもいいっていうなら俺はすべてを捧げる。


そのつもりでこれからは大切に生きよう。。。



というのはすべて嘘ですwww
だってねぇ。今日は4月1日ですよ。
ご愛読いただいたみなさま、まことにありがとうございました。


そして、21年度も憂鬱ブログよろしくお願いしますねw

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
おお
やっと前向きに・・・。

感動しました
tottemo 2009/04/01(Wed)23:18:33 編集
無題
エイプリルフール的要素はありますか?
聡史郎 2009/04/02(Thu)09:17:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: