忍者ブログ
まあ、なんだ日ごろの愚痴しか述べんよ。あと、世界征服について・・・


忍者ブログ [PR]

material by whim+

カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/11 阿部]
[11/12 阿部]
[09/15 マスター]
[09/12 るみな]
[09/11 NA0]
カウンター
プロフィール
HN:
魔王マスターベガ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1984/08/02
職業:
最強!!!
趣味:
快楽への傍観者
ブログ内検索
アクセス解析
最新トラックバック
バーコード
[245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、僕です。

ということでさっそく

テーマ「幸せな時間」

誕生日の前日、私が夜9時ごろから寝むちゃって

11時45分に起こされてみるといつの間にか

机の上にグラスとシャンパン、ホールケーキが・・・

しかも予約までしていたそうで、ケーキには「おめでとう○○ちゃん」

って入ってた。

23にもなってちゃんづけてwはずかしい・・・

でも、お店の人に伝えてる27の彼を想像したら可愛くてしょうがなかったw

しかも、12時になってロウソク吹き消したら

いそいそと取り出してきた

指輪を渡されて・・・・・・

たまらず、嬉泣き


夜はレストラン行って彼の顔見ていたら幸せがこみ上げてきて

「嫁にしてください」ってつい先走って言ってしまったw

「頂かせていただきますw」

と即答されて、もう私、ドリーマー化してしまいそうです。

愛してます。・゜゜・o(iДi)o・゜゜・



考察 というかまず、レストランそんな時間にやってるのはガストかサイゼだろ。
    俺だって大いにドリーマーですよ。
    嫁にしてくださいって言われたことあるもん!

    2.5次元でな!
       

ものすごく些細なことばかりですが・・・

遠距離、彼の家に遊びに行って

何をするわけでもなく、家でマターリして

同じ番組みて、同じ場所で笑って

いちゃいちゃして、キスして、エッチして

朝はほぼ同時に目が覚めて

線路脇を自転車で並んで走って

スーパーで買い物して

一緒に料理作って食べて

夕方に近所の駄菓子を買って

川辺で散歩しながらお菓子つまんで

線路沿いを二人乗りして

駅まで送ってもたって

「また電話で!」と言ってバイバイして

そんな週末のすべてが幸福でした。



考察 毎日幸せだと幸せにきづかなかっりする・・・
    
    気づきあがって!

    でもね、でもね、二人乗りはいけないんだからね!



1回ふられたんだけど、あきらめずに彼女に2回目の告白した時の話

俺「あえばあうほど好きになるよ
  ○○ちゃんの少しわがままなところも、可愛い笑顔も、全部好き
  大切にするよ。付き合って」

って俺心臓ドキドキしながら告りました。

しばらく間があって、

彼女「私でよければ・・・」

って言って俺のところまで少し照れ笑いで俺の側に歩いてきて俺の服の

裾をつかみました。

かわいすぎだよ

あの時はほんとうれしかったなぁ



考察 あ、それ戦略でしょ。その間といい、裾つかむのといい。
    でも、俺だって裾ぐらいあるさ

    ユニクロでジーンズ買うときは

   
裾つかんでくれるもん!



彼女と初Hした後、

彼女「初めての相手になってくれてありがとう」

って言われたとき。(彼女は処女だった)

Hの最中あんなに痛そうにしてたのに・・・

つらそうだったのに・・・

ってなんかいろいろこみ上げてきて、うれし泣きしてしまった。



考察 そりゃあねぇ。これから積み上げていく男の最初の人
    なんだからねぇ。しっかりしないと!

    これからは快感しかないぜ!!!



付き合って価値観の違いでぶつかることはしばしばあって、

正直不安に思ってた。

お互い頑固だし、うまくやっていけるのかなぁって

ベットでおしゃべりしてて

私「○○くんは冷たくて機械みたいだもん!
  絶対子供にお父さんのわからずや!って泣かれるわ!!」

彼「いーや、お前こそお母さん何言ってるかワカンナーイってって言われるね!!」

私「言われませーん!」

彼「言われますー!」

私「お父さん大嫌い!とか娘に言われちゃいますねー」

彼「言われませんでした~」

なんか、こうやってお互いの嫌なところ笑いながら

言えるんだったら大丈夫かな、って思えた。



考察 あっそう。じゃあ、結婚すればぁ~





最後になりましたw

最後はテーマソングを聞いて読んでくれ


あくまでBGMだからなw

見入るなよw




彼女に大事な話があるから呼び出した。

彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。

別れるって言われるのか思ってビビりながらいつものツタヤの駐車場へ

お互い大事なことをメールに書いて同時に送信しあった。






俺の大事な内容


俺、ガンになったみたいであと1年くらいしか持たないんだって。

お前のこと本当に愛してるよ。

出会えてよかった。

お前のおかげで凡人の一生の幸せ3人分はもらったよw

お金溜まったら同棲していつか結婚しようって約束は

守れなくてごめん。

正直、最後まで一緒にいてほしいけど無理にとは言わないから

お前の自由にしてくれ。

俺の最後の恋人がお前って運命なのかな?

だとしたら最高の人生だわ。






彼女の大事な内容

実は妊娠しました。生理遅いなぁって思ってて放置してたんだけど

もしかして、出来てる!?

って思って病院いってきた。

「いつか同棲して結婚」

って約束したの覚えてる?

その「いつか」ってのすぐでもいい?

お金ないけどやっていけないこともないだろうし

本当に○○は違うってわかった

もしかしたら運命の出会いなのかもってちょっぴり思ったよw

でも、無理はしなくていいからね

改めてプロポーズしてくれるなら早めにね。

もうちょっと待ってって言われたら待つから。

子供産んで3人で幸せになりたいけど、○○が好きなようにしていいからね。





ほぼ原文通りです。絵文字は表現できんがw

俺19歳、彼女19歳

お互いメールを見た後に彼女が

「前から思ってたけど、私達似たもの同士だよねw
 あと1年しか一緒にいれないのかぁ。自分の体のことで結婚辞めるってのは
 やめてね
 ○○が死んじゃっても私一人で頑張るから。
 残りの1年最高のときを過ごせる気がする」

つい先日の出来事でしたが最高に幸福な瞬間でした。



考察  運命とか、いろんな恋愛とかあんたら19歳かい!!!
     
     って最初は思ったけど

     本当に好きな人を思う気持ちこれがすげー伝わった。

     確かに嘘の話かもしれない

     でも、この文章を読んでイメージし、ドラマを作ってしまった

     あなた!

     もし、嘘であってもそのイメージの中に存在した二人は

     とても幸せだったでしょう?w

     いんですよ。なんでも。


     俺は夜勤中大声で泣いた。


     テーマソング 「ザナルカンドにて」

     



以上です。長くなりましたがねw

ふう、夜勤明けで穴掘ってつかれてるのに

よく書いたなw

おかげでさらに疲れたわ(・ω・)ノ     





拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
これって全部あなたの体験したことですか?
でしたら超かっこいいですね!
惚れてしまいそうな恋愛話です。
私も本当はこういう恋愛したいです。
恋愛ってしたことないから
あなたのこの話すごいうらやましいです。
あなた自分はダメとかいってるくせに
本当はこんな大恋愛してるんじゃないですかー
本当にうらやましいです。
恭子 2009/09/13(Sun)01:48:24 編集
無題
>恭子さん

勘違いしてしまったらすいません。

私の話ではないです(-ω-)/

私も恋愛自体したことないんでこうゆう話聞くと

うらやましくなる反面、ぶっ殺してやる!

とか思ったりするw

なんで、俺だけこんな思いしなくちゃ

いけないんだとかw

でも、この最後の話を聞いて少しでも

心があったかくなるならそれでいいです。

素直に人を好きになる勇気をもらえた

気がしました。

結局、私はかわらないと思いますけどねw
マスター 2009/09/13(Sun)10:05:25 編集
無題
うらやましくなる反面というかこんな話あったらむかついてきます。
私女子高なので出会いなんて全然ありませんでした。
むしろ昔の自分にもむかついています。
高校って人生で一度しまない一番の最高の時なのに同姓ばっかりじゃ話になりません。
しかも一度入ったら3年間は青春なしですからね。
共学で手つないで高校生とか歩いてるとか見ると超むかつきます。
なんで自分だけってね。
恭子 2009/09/13(Sun)17:14:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: